病は気から、されど病は病
 (目次)
主人の場合
〜関節炎〜
主人の場合
〜切傷・噛傷〜
わたしの場合
〜パニック障害〜
わたしの場合
〜副鼻腔炎〜
主人の場合 〜切り傷・噛み傷〜

 うつぼに噛まれました。毒うつぼ。
とっても有名な、沖縄の癒しビーチポイント、水深22mです。
 ワイドシーンを撮影しようと砂地に寝転がりました。
そして、左肘を張り出した次の瞬間、
ゴンゴン!の衝撃が!
思わず腕を引っ張った主人。緑色の液体がモワ〜と・・・。

 腕を押さえながら私の方へ寄ってきた主人、
「噛まれた〜〜〜」とレギュ越しに言うではありませんか・・・
「へ!!!」と驚くわたし。

 ボートに上がり腕をみると血がポタポタ。スーツは2cm程裂けて、反対側には牙のあと。。。
腕を引っ張った時、横を見ると、大きなウツボの顔があったそうです。
 オープンウォーター講習で習った危険な生物。。。
その時は「噛まれる人なんているのかな〜!」と多少バカにしていましたが、いたんですね〜そういう人。
なんとMyダ〜リンが・・・ばか・・・。

 泊まっていた民宿の女将さんが元ナースだったことが幸いし、すぐに応急処置。そして島の診療所で4針縫ってもらいました。

 毒ウツボには毒はないそうです。しかし、牙に雑菌があるため、すぐに消毒する必要があるそうです。
ウツボは普段はおとなしく、臆病な生物ですが、ダイバーが近づくとカ〜〜〜〜と口を開け威嚇してきます。
伊豆でも気がつかずに近寄ってしまうことがあります。
うん。噛まれる可能性は少なからずあるのだな〜とお勉強しました。

 田子の漁師さんに聞いた話ですと、
陸上でウツボに噛まれると、体をくねらせ絶対に離してくれないそうです。そして人の指を?ぎ取ってしまう事が多いらし。。。もし陸で噛まれた場合は、すぐに水中にいれ、離してくれるのを待つしかないそうです。辛いね〜

 皆さんも気をつけましょう!!!