病は気から、されど病は病


主人も私もいたって健康。
しかし私に関しては病院好き(主人いわく)

と、いうより少しでも痛みがあったり、気になることがあると、即病院へ行きます。そして、お医者さんに病名をつけてもらうと、気持ちが落ち着き、あとは処方してもらう薬を飲めば、治ってしまう、これが私のパターン。

 病院に行きやすい理由はもう一つ、
10年以上もお世話になっている、信頼できて、何でも相談できる、かかり付け医がいるおかげです。

 その反面、主人はまったく病院へは行かない人でした。
それでも結婚してからはよく通ってくれるようになりました。

私たち夫婦にとって近所の病院はナーバスな場所ではなく、健康管理の座談場所かもしれません。

 そんな私たちがダイビングを始めてから経験した
病気・ケガをご紹介しようとおもいます。

(目次)
主人の場合
〜関節炎〜
主人の場合
〜切傷・噛傷〜
わたしの場合
〜パニック障害〜
わたしの場合
〜副鼻腔炎〜