ウミウシダイビングの小道具たち
普段わたしたちがウミウシ探しや、撮影に使用している道具をご紹介しま〜す

カメラの装備

夫:D-200(NIKON)+105mmNewマクロ
  2006年5月からついに主人も一眼デジカメの世界へ!

妻:D-70(NIKON) +105mmマクロ
            +2倍テレコンバージョンレンズ

■テレコンバージョンレンズ
 楽しい世界を覗くことができるレンズで〜す

これが2倍テレコン
バージョンレンズ

以前はORINPUS製のデジタルカメラが中心でした。
田子ウミウシのほとんどが
C-4040zoom・C-40Ultra zoom・C-770で撮影
したものです。
小さくて高画素(その当時)たくさん撮れるのが
魅力です。外海の潮流なんて、なんのその!
根につかまりながらの必死の撮影もOK。

C-40404zoomはめでたく座間味にお嫁入り。
他2台は大きいサイズ撮影用に使っています。


C-770 自作の
拡散板付き

C-40
クローズアップレンズ2枚つけると3mmウミウシもいけちゃいます!

(使用中のカメラ)

D-200

D-70

テレコンを付け最大伸ばした状態。とっても長い!
自作リストバンドです
腱鞘炎防止です。
かなり重要!
アンサー店長から
アドヴァイスもらいました

ク ロ ー ズ ア ッ プ レ ン ズ

10mm以下のウミウシ撮影には欠かせないアイテムです。
皆さん工夫を凝らして自作しているようです。
我が家は既製品を使ってしまうので、イマイチ。。。

C-40用

こんな感じ
ORINPUSカメラ用クローズアップレンズ 1.5倍・3倍・6倍

  


ス ー パ ー ル ー ペ

100円SHOPで売っている小型の2重レンズ(拡大鏡)
陸上ではイマイチ!でも水中では、あら!不思議
とっても大きく見えるんです
だから、スーパールーペ!



スーパールーペ
定       規

ウミウシサイズを計測する時に必要です。
私は100円SHOPのアクリル製?を使っていますが、
目盛りの劣化が早く、取替えが必要です。


定規をあてて
サイズを計測中


定 規
ウ ミ ウ シ キ ャ ッ チ ャ ー

軍手です
飛ばされてくるウミウシをキャッチする際、便利!
安価です!丈夫です!
もちろん、手を保護する役割は大きいです。

いろいろ試していますが未だに、これだ!という軍手に
出会えていません。
我が家には束で買った軍手の山が・・・・
ちなみに、綿100%は着きが良いですが、天草も山ほど
着いてしまいます。。。

(訂正)
綿100%はあまり毛羽立たないため着きが悪いです。
    化学繊維はよく着きます。ケバケバ〜〜〜



ウミウシキャッチャー
指     示     棒

体を固定したり、海藻をよける時につかいます。
時にウミウシが乗ります・・・



指 示 棒
シ   ャ   ベ   ル

先割れが良いかとおもいます。
砂地に気になる這い後があったら、
”そ〜っと覗いてみてごらん〜〜〜”

現在は靴べらを使用しています。


シャベル
取っ手に穴を開けて
浮力を少なくしています
失     敗     作

・ほうきとちりとり
何に使ったかは内緒〜

プラスチックのため浮いてしょうがなかった事と、
取り出し難く、しまいには邪魔になったのでした〜