■ 共生
ウミウシにも共生(・・・共同生活)の様子をみることができます。
ただし・・・それがお互いのためになっているのかどうかは
いたって疑問な感じもあります。さてどんな共生ぶりなのでしょうか?
 
 
information

  ●ウミウシとワレカラ

  ●ウミウシとウミウシ

ウミウシとワレカラ

イロウミウシの上にて
ピョンピョンでているのがワレカラです。田子にて

イガグリウミウシの上にて
2匹ほど乗っています。
田子にて

ちなみに、これがワレカラ

白いタイプです

エサの上でジ〜としているためでしょうか?ワレカラが住み着いています。
まあ、住んでいるかは別として、よく背に乗っています。
失礼な話だ〜〜〜〜〜
ダイビング後の私たちの体にも着いてくることがあるな〜
ウミウシとウミウシ

コイボウミウシとタテヒダイボウミウシ
田子にて

アラリウミウシとノウメアワリアンスとサラサウミウシ
田子にて

どちらも異なる種が同じ海綿を食べているようです。
食べ物が同じだと生息環境も同じになるのかな?理屈的にはそうなるな〜
では、誤って異種交接なんかしちゃったりして〜
そちらの方が興味深い。
 ちなみに、キイロイボウミウシはオレンジ色の海綿を食べます。
 2個体一緒のシーンも頻繁に観察します。これも共生?